KEIKO KOBAYASHI

PROFILE


PROFILE
1947年12月生まれ、東京都出身、聖心女子学院在学中から活動を始める。
1960年代のカレッジ・フォークブームの中、森山良子と並び
「日本のジョーン・バエズ」と称され注目を浴びた。
1966年ニッポン放送「フォークビレッジ」に当初から出演。
1968年に来日した、ジョーン・バエズのステージで歌い、
12月の誕生日の日には自身初のリサイタルを、友人達によって開催された。
1969年『こわれた愛のかけら』でデビュー、NHK総合テレビの人気音楽バラエティ番組「ステージ101」のレギュラーとして活躍。
『比叡おろし』『恋人中心世界』『さよならをいう前に』などが立て続けにヒット。
1970年TBSラジオの「三菱ドライビングポップス啓子と歌おう」のレギュラーほか、国鉄(現JR)のキャンペーンソング
『レイルウエイ・ララバイ~一枚のキップから~』等がヒットする。
2002年、30年近いブランク後、シャンソン歌手の石井好子さん、永六輔さんらの呼びかけで活動を再開。
永六輔とのデュエットソング『どうして』も収録したニュー
シングル『明日咲くつぼみに』を発売。
ロンドンレコーディング『Broadway Market』をリリース。
2015年これまで大切に歌って来た作品、これからも大切に
歌いたい作品を集めたCD『生きるものの歌 この先の歌へ』を 発売。
2014年から渋谷伝承ホールで毎年コンサートを開催。
全国各地の様々なところでライブ活動を精力的に行っている。

プロフィール各種とアーティスト写真はここをクリック